健康スペシャリストを目指す20代女子のブログ

  1. 栄養と食べ物

世界一の添加物大国日本での添加物との付き合い方〜健康は国ではなく自分で守る〜

世界一の添加物大国ニッポン。

私たちの生活には当たり前になりすぎて、あまり意識していないかもしれませんが、

日本は世界でもダントツの添加物使用量だとを知っていますか?

日本の食品は安心というイメージがあるけれど、農薬使用率も世界第3位とトップクラス。

添加物や農薬が、子供の活動や注意力に影響を与えている可能性も指摘されているのです。

 

そんな事実を知って、ここ最近は添加物をなるべく避けようと思って生活していたのですが、添加物だらけの日本で、どうやって添加物と付き合っていくべきか。

考えたことをまとめました。

 

添加物大国日本の現状

以下薬剤師のブログ(リンク)から引用します。

前の記事で、日本の添加物の数は「1000~1500種類」と書きました。

前回記事
食品添加物の恐怖①

添加物の詳細は以下に示します↓

日本の食品添加物数(2007年8月時点)
●指定添加物:約400種類
●既存添加物:約400種類
●天然香料:約600種類
●一般飲料物添加物:約100種類

合計すると『1500種類前後』の数字となります。
(※石油合成添加物は約351品目)

これだけでは、多いのか少ないのか分かりませんよね

比較のため↓

◎他国の食品添加物の認可数・・・
アメリカ・・・133品目
ドイツ・・・・・64品目
フランス・・・・32品目
イギリス・・・・21品目

ケタが違いすぎますね(笑)

海外では国民を守るため、危険性があるものは採用しません

アメリカや欧米で「国家が摂取を禁止している添加物」が日本では野放しなのです(´Д` )

海外には鮮やかな色のお菓子やスイーツが多くて、体に悪そうな印象がありましたが、これを見れば日本の食品の方がよほど安心ならないことがわかります。

 

最近では週刊新潮でも何週にもわたって「食べてはいけない食品」が多数紹介されていました。

大手メーカーのカップラーメン、菓子パン、お菓子などなど・・・

パイの実やコアラのマーチなど私たちの生活にお馴染みのものでさえ、海外では認められていないような添加物が含まれているのです。

 

海外で続々と使用禁止となっている添加物が、日本では認められている現実。

一体国がどういう基準で安全性を認めているのかは、本当に疑問です。

 

自分の健康は自分で守らなければいけない。

 

日本はそんな国なのです。

 

病人だらけの日本人の現状と、医療費拡大の現実

日本は「長生きだから健康」だと思っていたら、実はそうとも言いきれません。

アレルギー疾患の増加、不妊の増加、精神疾患、がん・・・

アレルギーに関しては国民の2~3人に1人、

がんは2人に1人がかかり、3人に1人ががんで死ぬといいます。

 

医療費は年間42兆円(国民一人当たり33万円)と年々増加。

長生きにはなったけれど、“健康で長生きな人”はごく一部しかいないんです。

 

もはや他人事ではありません。

生涯健康でいることは、本当に難しいことだと思います。

 

病気の原因は食品添加物が全てとは言えなくとも、原因の一旦を担っていることは間違いないでしょう。

 

食品添加物によって豊かになった日本

私たちは食品添加物のおかげで、

  • 安くて便利
  • 簡単
  • 見た目がキレイ
  • 長持ち
  • 美味しい

という恩恵を受けています。

世界には日本ほどコンビニで溢れている国はないし、どこへ行っても“安くて美味しい”が手に入る。

 

けれど一方で、便利の裏に隠れた、目を覆いたい事実があるのも本当です。

 

質の悪い原材料であることを隠し、よりよく見せるための大量の添加物。

本来なら捨ててしまうようなものも、添加物によって“美味しく”なってしまうのです。

 

食品添加物との上手な付き合い方

食品添加物を避けてオーガニックを求めようとすると、果てしなくお金がかかったり、時間や手間がかかったり、

コンビニでは有機甘栗くらいしか買えなかったり・・・(笑)

 

難しいなぁと思ってここ最近悩んでいたんですが、大事なのは「知っていること」なんだと気づきました。

安いのには理由があって、添加物の害があることをわかった上で選ぶかどうか。

 

もし健康を意識して少しでも食品添加物を避けるとしたら、

  • 原材料欄を確認する
  • 「無添加」や「有機栽培」の記載があるものを偉ぶ
  • 安いものは基本的に疑う
  • パンならパン屋さんで買う
  • ケーキはケーキ屋さんで買う
  • コンビニは極力使わないようにする
  • 加工食品を避ける

などを意識してみることをおすすめします。

 

完璧を目指すのは無理でも、自分のお財布が許す範囲で、健康に気を遣えたらそれでいいと思います。

 

自分の健康を気遣い、よりよい食品を作る人を支援する気持ちで

日本ではオーガニックを求めるのは、健康意識の高い人が多いですが、

ドイツでは、地元農家の支援のためや、動物愛護のために買う人が多いそうです。

社会のためにオーガニックを買う=「ソーシャルベネフィット」という考えが主流なのです。

 

健康だけに目を向けるのではなく、日本社会にオーガニックが広がり、みんなが健康になるのを支援する気持ちで、無添加食品を選んでもいいのではないかと思います。

そしてできれば、地元のもので。

 

日本では有機農業を行なっている農家は0.2%だといいますが、少しずつでも有機農業が広がっていくことを願います。

そしてより良いものを作る人たちが増えるよう支援する気持ちで、普段の生活にオーガニックを取り入れてみませんか?

 

そしたらついでに、あなたの「健康」もついてきます。

 

栄養と食べ物の最近記事

  1. 食品の裏側を読んで~知ったからにはもう食べたくない7つの食品~

  2. 「給食で死ぬ‼︎」を読んで〜心は食べ物にコントロールされている〜

  3. 世界一の添加物大国日本での添加物との付き合い方〜健康は国ではなく自分で守る〜

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。